<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ダーレンベルグ シラーズ・グルナッシュ 2003

オーストラリアのワイン、お手頃で美味しいのありますね~☆
1960年代から作られているダーレンベルグのロングセラーワイン!
この「シラーズ・グルナッシュ」

1998年 91点
1999年 89点
2000年 89点
2001年 90点
2002年 90点
2003年 89点

↑ロバート・パーカー氏のつけた得点です。
そして、2002の彼のコメント↓

「ラズベリー、キルシュ (チェリー・ブランデー)のアロマに
 完熟葡萄から生じるブラックベリー、黒胡椒
 リコリスのニュアンスが融合した香りを感じ
 快楽的フルーツの塊が押し寄せてくる味わいは
 多くのワイン愛飲者を魅了するだろう!!」

絶賛ですね~。にしてもパーカー氏ってすごい表現力ですね~(笑)

c0067506_14281249.jpg


2002年に続き2003年もこれまた素晴らしい出来のようです!
シラーズ50%、グルナッシュ50%のブレンド
2003年は、頑強な2001年と芳醇な2002年の中間的特徴をもつそうです。

このワインは、バスケット・プレスと呼ばれる
昔ながらの葡萄圧縮機を用いて葡萄を優しく搾り
それをオープン醸造桶で発酵させ、その後18ヶ月間オーク樽で熟成されています。

チェリー、プラム、ローズマリーの香りがグラスに立ちこめ
ラズベリーやチェリーのような果実っぽいフレーバー
バニラのアクセントをもったソフトな口当たり。
凝縮感は素晴らしく上品!嫌味の無い素直な力強さは、私好みでした。

年数とともに、香りも味もより複雑に
そしてより滑らかな味わいに変化してゆくそうですよ。
もうちょっと寝かせておくべきだったのかなぁ・・・なんて思ってみたり。
ん~その熟成した味わいも楽しんでみたい!!

「ダーレンベルグ」にとって特別なワインであるこの「シラーズ・グルナッシュ」
現在4代目のオーナーであるチェスター・オズボーン氏が
父ダリーに敬意を表して「ダリーズ・オリジナル」
という名前がつけられた伝統的ブレンドワインだそうです。
親孝行なオーナーですね~。
これからも伝統守って欲しいです。
[PR]
by caberzin | 2006-05-27 14:28 | australia

MASI TOAR 1999

今日ご紹介するのも、またまたお気に入りのMASIシリーズ。
MASI社がストラクチャーのしっかりしたモダンなワインとして作ったというTOARです。
もともとは、実験的にこのワインを造ったそうですが
今や骨格のしっかりしたモダン・スタイルとして
ヴァルポリチェッラの品質及び基準の模範となっているんですって。

c0067506_1325894.jpg


TOARは他のヴェローナワインのような親しみやすさ温かみを持ち
この名前は段々畑になった火山灰の土地に由来するそうです。

葡萄は、ヴァルポリチェッラの代表的な種である「コルビーナ」「ロンディネッラ」
そして、ストラクチャーと個性を加える「オゼレッタ」「ディンダレッラ」
最も適した時期に一緒に収穫され、スラブ樫とアリエール樫で
別々に12ヶ月熟成されブレンドされます。

美味しいですけどMASI・・・の中ではまぁ薄めかな~。
私には物足りない。
3000円出すならカリフォルニア買うかな~。
どうもヨーロッパのワインは味の割りにお値段が納得いきません(笑)
やはりMASIは10000円出さなきゃだめかな~。

ところで余談ですが
MSAI社のあるヴェネト州の中心都市ヴェローナ。
シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台デス♪(だからなんだって?(苦笑))
[PR]
by caberzin | 2006-05-27 13:19 | Italia

クロ・サン・ドニ 2002 ジョルジュ・リニエ

久々の更新になってしまいましたが、決して禁ワインなんて出来るはずも無く^^;
ただただ、更新用の写真が増え続けております(苦笑)

昨日は、仲良しの夫婦とワインの会☆
待ちに待った集合です。お邪魔してまいりました~。
今日は、フランス ブルゴーニュです。
シャンパンをいただいた後に
ジョルジュ・リニエの「クロ・サン・ドニ  グラン・クリュ 2002」頂きました^-^

c0067506_16204412.jpg


抜栓直後からとても甘やかなイチゴっぽい香りが立ち上がります。
そして、しばらくすると芳ばしいロースト香、土っぽい香りが出てきました。
とても柔らかな酸、豊かで丸いふくよかな果実味がブルゴーニュらしい魅力デス!

この口当たりのよい優美な味、チキンの煮込み料理が相性抜群♪
これぞ、センス溢れる夫婦の連係プレーですわ。
夫がワインを選び、妻がそれに合ったお料理を作る。。。う~~~ん理想の夫婦☆
あぁ、美味しかったです!そして楽しかったです(笑)

c0067506_16202413.jpg


このドメーヌ「ジョルジュ・リニエ」は、モレ・サン・ドニを拠点とするドメーヌ。
代々受け継がれてきた、伝統的な製法を踏襲し
昔ながらのブルゴーニュを生む生産者です。

ボンヌ・マール、クロ・ド・ラ・ロシュ、クロ・サン・ドニ、シャルム・シャンベルタンの
4つ合わせて14ヘクタールの特級畑を所有。
そして、1級畑は、合わせて4ヘクタール弱所有・・・
とブルゴーニュでは比較的、広めの畑を所有するドメーヌなんですって。

運営するのは、1952年生まれの、寡黙で、仕事熱心なジョルジュ本人。
彼は、昨今の次々と開発される新技術には殆ど目もくれず
父から子へと伝えられてきた、昔ながらのやり方でワイン造りを行っているそうです。

まず、耕作に於ける堆肥。
今でこそ、化学肥料の弊害が声高に議論され、使用を控える動きになりましたが
このドメーヌでは、祖父の代から堆肥一筋というこだわり!!!

また、発酵も、当然培養酵母などは用いず野生酵母のみで
ユックリと時間をかけて行われるといいます。

時間、手間共に掛かる方法で、こだわり続けるのは
先祖が代々生み出してきたワインを守る、ジョルジュ本人の選択なんでしょうね~。
これからも守って欲しい。やさしいお味です。

フランスワイン通のホストに
次回は私の好物ボルドーを語っていただく予定デス。
さぁ、今から楽しみです~^-^
[PR]
by caberzin | 2006-05-21 16:47 | france