「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:france( 14 )

クロ・サン・ドニ 2002 ジョルジュ・リニエ

久々の更新になってしまいましたが、決して禁ワインなんて出来るはずも無く^^;
ただただ、更新用の写真が増え続けております(苦笑)

昨日は、仲良しの夫婦とワインの会☆
待ちに待った集合です。お邪魔してまいりました~。
今日は、フランス ブルゴーニュです。
シャンパンをいただいた後に
ジョルジュ・リニエの「クロ・サン・ドニ  グラン・クリュ 2002」頂きました^-^

c0067506_16204412.jpg


抜栓直後からとても甘やかなイチゴっぽい香りが立ち上がります。
そして、しばらくすると芳ばしいロースト香、土っぽい香りが出てきました。
とても柔らかな酸、豊かで丸いふくよかな果実味がブルゴーニュらしい魅力デス!

この口当たりのよい優美な味、チキンの煮込み料理が相性抜群♪
これぞ、センス溢れる夫婦の連係プレーですわ。
夫がワインを選び、妻がそれに合ったお料理を作る。。。う~~~ん理想の夫婦☆
あぁ、美味しかったです!そして楽しかったです(笑)

c0067506_16202413.jpg


このドメーヌ「ジョルジュ・リニエ」は、モレ・サン・ドニを拠点とするドメーヌ。
代々受け継がれてきた、伝統的な製法を踏襲し
昔ながらのブルゴーニュを生む生産者です。

ボンヌ・マール、クロ・ド・ラ・ロシュ、クロ・サン・ドニ、シャルム・シャンベルタンの
4つ合わせて14ヘクタールの特級畑を所有。
そして、1級畑は、合わせて4ヘクタール弱所有・・・
とブルゴーニュでは比較的、広めの畑を所有するドメーヌなんですって。

運営するのは、1952年生まれの、寡黙で、仕事熱心なジョルジュ本人。
彼は、昨今の次々と開発される新技術には殆ど目もくれず
父から子へと伝えられてきた、昔ながらのやり方でワイン造りを行っているそうです。

まず、耕作に於ける堆肥。
今でこそ、化学肥料の弊害が声高に議論され、使用を控える動きになりましたが
このドメーヌでは、祖父の代から堆肥一筋というこだわり!!!

また、発酵も、当然培養酵母などは用いず野生酵母のみで
ユックリと時間をかけて行われるといいます。

時間、手間共に掛かる方法で、こだわり続けるのは
先祖が代々生み出してきたワインを守る、ジョルジュ本人の選択なんでしょうね~。
これからも守って欲しい。やさしいお味です。

フランスワイン通のホストに
次回は私の好物ボルドーを語っていただく予定デス。
さぁ、今から楽しみです~^-^
[PR]
by caberzin | 2006-05-21 16:47 | france

年越し&元旦ワイン!

あけましておめでとうございます!!!!!
またまた久しぶりになってしまいました。
しかし、なんといっても「私のワイン帳」ですから(笑)^-^
引き続き今年ものんびりとつけていきたいと思っています☆

そして、ヌーボー報告も出来ないまま・・・・ですが。
我が家の年越しワインに選ばれたのはこれ!↓
ヴーヴクリコ 1999

c0067506_2240040.jpg


私達夫婦は、本当にヴーヴクリコが好きなんだな~と実感しましたよ。
ちょっと浮気してクリスマスに別のシャンパンをいただいたりもしましたが
う~~~~ん。いまいち載せるほどのお味ではなかったんですよね^^;
お値段は↑これより↑high だったんですけど・・・・(苦笑)
ま、なんの銘柄だったかはご想像にお任せするとして☆
結局は美味しければいいんです(笑)
さすがヴィンテージ。とっても美しい泡立ちが継続するんですよ。すごい。
そして、好みの味!これ以上の表現って無いかも・・・です(笑)

元旦は呑んでばっかりのcaberzinの一日デスね。ははは。
とりあえず、ランチのお供はコレ。
Beringer2003 おせちに白ワインって好きなんです。
c0067506_7352758.jpg


酔いがさめたところでこれから↓これ。Domane de Villemajou 2002

c0067506_22472871.jpg


このワイン。エノテカ贔屓の友人がケース買いしちゃう1本なんですよ。
2001年を私達もいただいてるのですが
たしかワイン鍋のお供にしたはず。
今回の2002年は、あらためてワインのお味を楽しみたい。
というわけで,おつまみはcheese only のワインタイムでございます。
このスパイシーな感じ。力強さ。そうそう!と蘇る私の記憶^-^
個性と主張はとっても強いんですが鼻につかない。美味しいですよ~。

それでは。
今年もよろしくお願いします。

by caberzin
[PR]
by caberzin | 2006-01-01 22:52 | france

2005 beaujolais nouveau

本日は予約していたヌーボーを取りに行ってまいりました~☆
早速並べてみてみましょう!

c0067506_14242176.jpg


左から

☆ドメーヌ・シャサーニュ  ¥3675
  完全にノンフィルターで作られる高品質ワイン
  昨年、私の一番のお気に入りでしたので、今年も・・・!


☆ラブレ・ロワ・ノンフィルター  ¥2940
  こちらも無ろ過で造られたワイン。数量限定のプレミアムヌーボー♪
  

☆テール・ドーレ ¥2980
  手摘みの葡萄と皮につく天然酵母から生まれる力強いワイン。
  これも昨年、美味しかったデス!


☆ラブレ・ロワ ¥2520
   これはもう定番です。数多くのエアラインご用達のラブレさんデス。
   無ろ過と合わせて毎年購入するので今年も・・・。


☆シャテラール・キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ ¥3675
   こちらは初挑戦デス!
   全て手作業で丁寧に造られるワインでわずか500ケースの稀少品だそうですよ^-^

以上、予約した5本でした。


そして、追加で買ってしまった↓おまけ。
ソムリエさんに伺ったらと~~~~~っても美味しく出来ているそうです。

c0067506_14243459.jpg


☆ジャンク・ロード・ラパル ¥3300
   仏人ソムリエチャンピオンも推薦するというラパルの数量限定のヌーボーですって。
   有機栽培された熟度の高い葡萄だけで作られた自然派ヌーボー
   どんなお味か楽しみです。

旦那様に早速チャットで報告しましたよ~(笑)
なるはやで帰宅するそうです・・・^-^ハハハ。
最初の1本彼が選ぶのはいったいどれでしょう????後日ご報告します!
[PR]
by caberzin | 2005-11-17 14:34 | france

ヴーヴクリコ「ペイントボックス」♪

我が家BBQのご活躍☆ヴーヴクリコ「ペイントボックス」☆
おそとで↓こうやって頂くのがいいのです。
c0067506_20565624.jpg
c0067506_20572060.jpg
随分前に、1本余ってお持ち帰りしたんですのよ~(笑)
空けるタイミング逃してやっと飲みましたぁ^-^
お家のみにしては、この中途半端な量!200ml(笑)
これを彼と仲良くシャンパングラス1杯づつ。
ふふふ。
これで足りるはずも無く
お後は奥に見えるカリフォルニアワイン
タイヤ屋サンが作っている「プロスペリティレッド」です。
美味しいのよ~。
我が家のリピートワインでございました☆
c0067506_2132654.jpg

[PR]
by caberzin | 2005-07-24 21:04 | france

Rose de calon 2004♪

ハートラベルのカロン・セギュ-ルにロゼがあるのをご存じですか?
もっともメインラベルのようにハートは描かれていないのですが
カベルネ・ソ-ヴィニヨン50% メルロー50%で構成され
醸造はロゼ・ド・セニエと呼ばれる方法がなされています☆

つまり、各々のぶどうの品種ごとに発酵を行ない
12~24時間ほどしてぶどうのジュースがロゼ色に染まったころ
再度タンクから抜き出し発酵を行なう
・・・という、非常に手間ひまのかかる方法によって
より高品質なものに仕上がっているんです。
さすが名門のロゼですね~☆

c0067506_15464817.jpg

旨みをともなったコクとフレッシュ感がある素直な仕上がり。
複雑で赤い果実や花を連想させる香りとまろやかな口あたりが特徴です。
色調はキラキラ輝きのあるさくらんぼ色、果実香に富み
味わいは密度の高い、しっかりしたボリューム感を持っていますよ~。
本来はフランス国内での消費を目的にリリースされたそうで。
そのため、国外には殆ど出ておらず
まだまだその存在は知られていませんよね~☆

これからの季節
冷やしておいしいロゼワインは、またひとつのワインの楽しみ!^-^
[PR]
by caberzin | 2005-07-10 15:52 | france

カザル・ヴェイル「シラー」☆

これは、いつものショップでラベルに惹かれて購入。
なんと1200円☆
caberzin勇気あるでしょう!(笑)
蔵直ワインのコーナーに結構掘り出し物があるんですよ!
にしても1000円台のワインを新開拓するには期待は禁物!(苦笑)
ところが美味しいではないですか!アタリっ(^_-)-♪
きっと、保存状態も良かったんでしょうね~。
これならデイリーに、もいっかい飲みたいかも☆
c0067506_832741.jpg

「ワイナート14号」に「ラングドック・ルーションのバリューワイン」という特集があって
その中の「1,500円未満のスーパー・バリュー」で
なんとベスト1に選ばれたワインなんですって!
掲載されたのは2000年のものでしたが
そのときのコメントは次のとおりです。
「難しいことは抜きに美味しい!
濃厚でベルベットのよう、ミント系のハーブの清涼感。
シラーのニュアンスを充分感じるものの、柔らかく主張が強すぎない。」

すごい賞賛ですね~(笑)
[PR]
by caberzin | 2005-06-18 08:33 | france

ヴーヴクリコ「ラ・グランダム」♪

ヴーヴクリコ続きですが
友人宅での昨年のクリスマスパーティで
私の大好きなシャンパンが振舞われたので
パシャリ!

c0067506_15441391.jpg


その名も、ラ・グランダム「偉大な女性」
由来はマダム・クリコにちなんでつけられたそうです。
19世紀初頭にマダム・クリコが購入した
8つの特級格付葡萄畑で収穫された葡萄だけを使い
造られているのが特徴。
重厚感が感じられる味わいの中に、
甘い果実の香りや、繊細な香気と複雑味を持ち、
エレガントでまろやかな口当たり。
本当に美味です。
さすがヴィンテージ、ってお味ですよ~。
[PR]
by caberzin | 2005-04-04 15:44 | france

ヴーヴクリコ「ローズラベル」♪

本日はホムパ♪
このローズラベルが丁度1年前(2004年4月)に登場してから
最初に頂いたのはやっぱり自宅のホムパでした。
それ以来、お呼ばれのときに手土産にしたり
我が家では大活躍の1年でしたっ。
実際に口にするのは、今日で5回目ですっ♪

c0067506_140552.jpg


このビジュアル、桜の時期にピッタリで、テーブルが華やぐのです。
お客様にも好評ですよ~。特に女性には受けますっ。
キュートなマット・ピンクが印象的なボトル・ラベルは、
ロマンティックでスタイリッシュな「ローズラベル」のイメージそのもの。
デザインしたのは、フローランス・デガとオリヴィエ・クンゼル
この二人はフランスのTV界で広く活躍するデザイナーさんです。
スティーヴン・スピルバーグ監督が
映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のタイトルバックを彼らに一任し
それが数々のデザイン賞を受賞したことで
世界的に有名になったアーティストなんですって。
(ちなみに、この映画おもしろくて結構好きですっ。)

フルーティでさわやかな辛口のシャンパーニュ「イエローラベル」
半甘口の「ホワイトラベル」
美しいサーモン・ピンクの「ローズラベル」
ノン・ヴィンテージ シャンパーニュのトリロジーですね♪

ノン・ヴィンテージとはいえ、高品質です。
赤い果実の魅力的なさわやかさを備え
ごくわずかな甘みが加わってまろやかなんです。
空気のように軽くて、上品な魅力のある女性のイメージ。
美味しいですよ~。
[PR]
by caberzin | 2005-04-02 19:31 | france

レゾリュー青ラベル♪

南仏のワイナリー「シャトーレゾリュー」
私の彼が好きな味!ってことで
我が家の定番の1本に、ここの「白ラベル」が入っています。
全般的にどんなお食事にもあわせやすくお値段もお安いので(確か千円台)
デイリーにいただけますよね~。
完熟ブドウだけがもつ旨みがぎっしり詰まっているため
お味がしっかりしてます。
c0067506_16514255.jpg

時々「赤ラベル」も頂くのですが、こちらは確か2千円台。
「白ラベル」との違いは、樽熟成が1年なされているため
味の厚み・コク・まろやかさがアップしているんです。
輸入元の「やまざき」さんが、限定価格&限定100ケース販売したら
100ケースが当日で完売したという
改めて人気の高さを証明した凄いワインなんですって~。
c0067506_1646771.jpg


で、先日偶然に見かけた「青ラベル」お値段は3千円台っ!!
これは・・・。「白」の3倍の熟成度???と期待して購入しましたよ~。
基本的にこちらのお味は私にとっては普通に美味しい感じ。
なので私個人的には「白」で充分かな(笑)
造り手のルネさん、すみません・・・。^^;

c0067506_16431824.jpg

南仏コルビエール地区のワイン造りに多大な貢献をした
蔵元の母フランソワーズ・カルティエに捧げられたこの「青ラベル」。
ブドウの収穫量もボルドー格付けワイン並に少なくし
樽熟成も1年。


レゾリューシリーズの中でも最高のワインなんですよ。
ブリュッセル国際コンクールで金賞を受賞したこのワイン。
オーナーのルネ氏の熱意を感じますね~。
[PR]
by caberzin | 2005-03-30 16:52 | france

「ルグラン ムートンノワール」シャルドネ & ヴィオニエ

昨日のワイン。
たまには白を。。。ってことでコレ
「「ルグラン ムートンノワール」シャルドネ & ヴィオニエ
コレの赤、先日彼と飲んでみたのですがいまひとつ・・・^^;
我が家には物足りない感じでして・・・。
でも、白は美味しかったですよ。

c0067506_2112129.jpg
まず、グラスに注ぐと綺麗なレモンイエロー色。
ハチミツに軽く漬けたレモンというか
甘い洋梨というか、ドライなのにコクがあって
そして黄色い花びらのような香りが感じられます。
口に含むと、滑らかな口当たり♪
綺麗な酸味が溶け込んでいて、
バランスが良く、つややかな果実味がなんとも印象的。

このワインの名前「ムートンノワール」(黒ひじ)には
「変わり者」という意味があるんですって。


生産者は、12カ国でワインつくりを手がけるヒューライマン氏。
品質の良さを象徴する重厚な瓶。
エコ時代に対応して、木製よりプラスティックのコルク。
生産者のこだわりが感じられますね~。

白って、品の良い爽やかさが美味しいんだけど
確かにこれは個性的!でも美味しい。
私は好きなお味ですっ。
[PR]
by caberzin | 2005-03-27 21:04 | france