MASI TOAR 1999

今日ご紹介するのも、またまたお気に入りのMASIシリーズ。
MASI社がストラクチャーのしっかりしたモダンなワインとして作ったというTOARです。
もともとは、実験的にこのワインを造ったそうですが
今や骨格のしっかりしたモダン・スタイルとして
ヴァルポリチェッラの品質及び基準の模範となっているんですって。

c0067506_1325894.jpg


TOARは他のヴェローナワインのような親しみやすさ温かみを持ち
この名前は段々畑になった火山灰の土地に由来するそうです。

葡萄は、ヴァルポリチェッラの代表的な種である「コルビーナ」「ロンディネッラ」
そして、ストラクチャーと個性を加える「オゼレッタ」「ディンダレッラ」
最も適した時期に一緒に収穫され、スラブ樫とアリエール樫で
別々に12ヶ月熟成されブレンドされます。

美味しいですけどMASI・・・の中ではまぁ薄めかな~。
私には物足りない。
3000円出すならカリフォルニア買うかな~。
どうもヨーロッパのワインは味の割りにお値段が納得いきません(笑)
やはりMASIは10000円出さなきゃだめかな~。

ところで余談ですが
MSAI社のあるヴェネト州の中心都市ヴェローナ。
シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台デス♪(だからなんだって?(苦笑))
[PR]
by caberzin | 2006-05-27 13:19 | Italia
<< ダーレンベルグ シラーズ・グル... クロ・サン・ドニ 2002 ジ... >>